white room whiteroomn.exblog.jp

Asian Cocking??

最近作ったお料理。
101Aのシングルmissing linkのカップリングとして収録されている、「0号室の旅人」のリミックスを担当したオランダ出身のアーティストBas van Huizenから教わったインドネシア料理。semurと呼ばれるインドネシアのシチュー。
彼はお母様がインドネシア出身とのことです。
お肉と玉ねぎがメインのシンプルなレシピですが大変美味しいです。
c0216272_031791.jpg


そして、余っていたすき焼きのタレを使って作ったなんちゃってプルコギ&ライス。しかも挽肉。もはやプルコギとは呼べないのでしょうが。
すりおろしのニンニクと生姜、韓国唐辛子、玉葱と人参と挽肉を胡麻油でざざっと炒めてご飯に乗せて、キムチと水菜を添えただけです。
インチキながらに美味しかった。

c0216272_03185.jpg

[PR]
# by noah101A | 2015-04-17 23:47

春雷の後

昼間は突然雷が鳴り響き、激しい雨が降った。
その前に見かけた花。
渋谷のビルのちょっとした土に植わっていた明るい紫色のチューリップ。
とても強いビル風に茎は倒れながらも折れずに散らずに咲いていた。
c0216272_23020971.jpg
あの雨はこの花の上にも降ったのかな…
どうなったろうか。

[PR]
# by noah101A | 2015-04-17 23:07

超久しぶりに投稿。
最近は101AのオフィシャルHPでブログ書いているのでこっちは全く更新してなかった。

でも、オフィシャルで書いたら、
「イメージ合わないんでやめて下さい!」
て、怒られそうなことをこちらで書こうと思います。
以前、某カップラーメンの写真を載せたら怒られたもの。笑

写真は自家製キムチです。
最近何度か作っていますが、
いろいろレシピや、自分の家に合った作り方を調べたり考えたりして変えてみて
今回は
相当レベル高い味に仕上がりました。
でも、もちろん激辛。
泣く子も黙る激辛。
031.gif

c0216272_5293865.jpg



そして、
昨年、オーディションに受かって声の方の出演をする映画の収録のお話。
c0216272_529384.jpg

(画像は怖いですがホラー映画ではない。)

今日(もう昨日になる)は、今関あきよし監督の短編映画「彼女は緑の光に彼を想う」での声の収録でした。

スタジオ内の会話や雰囲気は非常にリラックスしているのだけど、
録音が始まって台本の中に入ると、全く景色が変わった様に感じた。
映像も音も無くてただ声だけを録るということは殆どやったことがなかったが、意外にも自然に入って行けた。
相方となる内田周作さんの声と、その間には風景が、香りが、悲しみが、言いようの無い感情の動きが有ったのを感じた。

内容に関わるので言えませんが、すごい緊迫感というか強い感情の部分を録り終わった時にはマジで力が抜けてしまった。

素晴らしく貴重な経験をさせていただきました。

今関あきよし監督、内田周作さん、そして、スタジオに来てくださったAlphaさん、いしかわ彰さん、ヤン・カワモトさん、
そして、レコーディングのオペレーションを担当してくれたthe k氏、
それから、素晴らしい台本を仕上げて下さった野島瑞樹さん、本当にありがとうございました。

明日からは101Aの曲作りの後半戦を始めます。

あ、今日のみんなで写真撮るの忘れたぜ!((((;゚Д゚)))))))


✳︎初上映イベントのお知らせ✳︎
2015/4/28
渋谷 GARRET udagawa
www.cyclone1997.com/garret/garret_home.html

Rose in many Colors /Alpha主演、今関あきよし監督最新映画「彼女は緑の光に彼を想う」の初上映と
Rose in many Colorsワンマンライブ

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3000yen / DOOR 3500yen (+1D)
※映画『彼女は緑の光に彼を想う』上映に伴いお席を設ける予定ではございますが、席には限りがあります。

◼︎チケット予約はRose in many colorsさんのHP、もしくはわたしに連絡ください。
http://www.rose-in-many-colors.com/
[PR]
# by noah101A | 2015-03-24 05:16

曇りの朝

昨日北海道のツアーから戻ってきました。
疲れていて早めに寝落ちしたら、午前三時にシャキン!と目覚めてしまった。

今は世の中が目を覚ましてそろそろ車の音が増えて来た時刻。


八月の終わりの風邪っぴきライブで完全に喉を壊してしまったのでまだ尾を引いていますが、ライブは問題無く声が出たのでよかった。
自分では少しだけ掠れるのが分かるけど、これはこれで味として使えるので楽しい。

北海道では2年ぶりにいろいろな人に会えて、また、新たな出会いもあり、嬉しかったです。

何も無いと言えば何も無いのだけれど、苫小牧の町の風景が凄く好きです。
うまく説明できませんが、失礼かもしれませんが、道や建物が立派に佇んで、人影が殆ど無い様子が本当に大好きだなと、改めて感じました。

札幌では、狸小路5 辺りのビアBAR、MANDAにちょっとだけお邪魔しました。音楽も内装のセンスも、ベルギービール等を中心としたお酒も良かった。
中でもトイレの景色が素敵過ぎて、ここに住まわせて頂きたいと思ってしまいました。


さて、これから、新曲のミックスが始まります。
かなり久し振りにコーラスワーク多めの曲になったので、録り甲斐あって楽しかったです。
コーラスワーク考えるのも録るのも非常に好き。コーラスのライン次第で主旋律の意味合いが大きく変わってくるのがわかる。
c0216272_07041489.jpg



10/1から発売するシングルは
この新曲と、「0号室の旅人」からのリミックスが二曲、計3曲になる予定です。

楽しみにしていて下さい。



[PR]
# by noah101A | 2014-09-10 06:24 | 0号室の旅人

暑い朝

昨日までこの町はお祭りでとても賑やかでした。

窓の下を、サンバカーニバルの群れが、恐ろしく大きな太鼓の音や老若男女の歓声を響かせながら通り過ぎて行った。
轟音と振動が近づいて満ちてくる様子はじっとしていると少し怖かった。

でも、今は人の声もしなくて、通りは眠い。


10/1ワンマンまで二ヶ月を切りました。

Twitterで、カウントダウンやっております。
チケットの販売も全ての場所、メディアにおいてスタートしました。
是非見にいらして下さい。



さて、ずっと書こうと思っていたアルバムや曲についての話を書き始めます。

曲は曲順通りに書こうかと思ったけど、敢えてばらばらに、気分で書くことにしました。

もちろん曲やアルバムに関する感じ方や思い入れはメンバーそれぞれ違いますが、
ここには私一人の目線で書いていきます。


vol.1[life]

実は非常に古い曲です。
昔々。私が一番初めにバンドのために作ったもの。

今のメンバーと、今の感覚で音を再構築したものが、[0号室の旅人]の3曲目に入りました。
構成もコードも、非常にシンプルですが、この曲好きって言ってくれる人がなかなかに多いので嬉しい。

大人の癖に、ただただこの単純なコード進行を必死で弾ている時、私はとても楽しい。


歌詞は元々は一番しか付いていませんでしたが、今回レコーディングするにあたり二番を作りました。
だから、一番と二番の間には何年もの時間の開きがあります。

一番を書いた頃は、まるで子供の様に、ある朝、目覚めたら何もかもが変わっていて、
本当の世界に、本当の自分として自由に生きているはず、そう、信じていた。

そして、長い長い時間が経って、それは向こうからやってくるものではなくて、
自身が恐れや拘りを捨てて泳ぎ出して行かなければそれは訪れないのだと、今は分かる。

それでも、ずっと前と同じ夢を今も信じている事に何も変わりはない。

珍しく時間軸のある歌詞になった。

二番が出来上がった時、この曲はずっと待ってくれたんだな、という気がした。私が少し大人になって、二番の歌詞を書ける時が来るのを、ずっと完成せずに...。

そして、[0号室の旅人]という全体のコンセプトに、不思議なくらい自然に寄り添う一曲として完成しました。


life - 日本語訳 -


本当の生
私は 暗がりの中で信じる
本当の生
それは私を救い出してくれる

突然に
誰一人知らず
それは本当に来る
とても美しい….

本当の生
私は 暗がりの中で信じる

私にあるもの
何もかも
投げ捨ててしまいたい
あれが私の生の現実になるのならば

私を自由にして
私を自由にして


本当の生
多くの月日がこの庭に流れた
本当の生
それは此処へは来なかった

静寂の中
私は泳ぎだす
遠くへ
時は夜明け前

本当の生
私は 暗がりの中で信じる

私にあるもの
何もかも
投げ捨ててしまいたい
あれが私の生の現実になるのならば

私を自由にして
私を自由にして
[PR]
# by noah101A | 2014-08-04 08:38