white room whiteroomn.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 255 )

青空の正午

何もない綺麗な青空なのだから
それだけを写真に収めたい

と、いつも思うのですが、当然ながらこうなる
うーん。。。ってなるけど
目的は叶っている

ドブネズミと青空には共通点があるわけだ……
c0216272_11411905.jpg



この前駅で電車待ってる時
季節の割にすごく冷たい風がホームに吹いてた

寒かったのだけど
その時急にそのかぜが頭の中を完全に吹き抜けた様に感じた
不思議な感覚で、言葉にしにくいけれど清々しさに似た気持ちよさだったから
なるべくそれを忘れない様にしようと思っている

宇宙の仕組み的な事は自分にはよく分からないが
風とか光の様なものは本当は体を通り抜けるっていう気がする
勿論遮られるんだけど
そうじゃなくて
ものすごく説明出来ないけどそういう気がする


でも阿呆だからまたそんなことを忘れて勝手に埋没したりするんだろうな

それでもまたいつか思い出せればいい


今日はツアーファイナル
さて準備をします。

[PR]
by noah101A | 2017-04-14 11:39

意外と寒い午後

先日、池袋の某楽器店でこんな綾波さんを見つけました。
実は昔この色のギター欲しかった。
でも、101Aでこの色っていうイメージがどうしても掴めなかったので買わず。。
c0216272_15442440.jpg



昨日、女性のボイストレーナーの方と雑談していた。
お茶が声には良く無いらしいという話はよく聞きます。
一般的に喉痛いときや痰が出るとときには紅茶でうがいが良いとも聞きますが、歌うときに飲むならば
お茶は喉の油分を取ってしまうので良く無いらしい。

何だろう、機械に油をさすみたいな話である。。

そういえば、
ライブハウスで歌う前にツナ缶の油を飲んでおられたボーカリストも見たことがあります。
ツナの風味と程よい塩分が飲みやすいのでしょうか。

という話をしたら
彼女は
「高級オリーブオイルとか美味しそうじゃない?
私は昔バンドで歌う前に豚骨ラーメン食べたら割と調子よかった。笑」と言っていました。

油飲んだらお腹ギュルギュルしちゃいそうだな。

豚骨
そもそも豚骨ラーメン店の匂いが苦手で。。

中本の北極に浮いている真っ赤に燃える激辛オイルでも良いのだろうか。
あれなら大好きです。

だがあれは、多分きっと良くなさそうな気がします。

みんな少しでも良かれと、色々試しているのね。
僕は調子悪いときは一日中ひたすら喉飴舐めます。

だが
油も豚骨も大量の喉飴も
あまり体自体には優しくない気が。。




[PR]
by noah101A | 2017-03-17 15:26

EARTHDOM

随分久しぶりに新大久保EARTHDOMに出ました。

HAの主催企画 であり彼らのミニアルバムリリパとなる「Wilful Days 1」。

それから

BACTERIA
VIDEOrODEO

四者四様
それぞれのバンドのカラーがくっきりだったなと思いました。

ありがとうございました。
貴重な夜でした。


101Aの新曲は、box。
ロック的なアプローチではない。
こういうのは、演奏のスキルだけではうまく出来ない曲だなと思います。
それに、演奏する時の気分も、フィットしないと滑って行ってしまうかもしれない微妙なやつ。
でも、好きです。
私にとってはちょっと新しい101Aかな。
最後まであんまりギターが歪まず、淡々と進んで行くけどヒリヒリ緊張感があり、でも、大人になったから出来るバランスと、非バランスが、勝手に生きる曲だなと思っています。

三年前だったら、こんな曲は出来なかった。去年でも出来なかったかもしれない。

ギターはリフとかコードじゃないので、フリーな部分が殆ど。
毎回弾くメロディを追いかけながら弾いて行くのです。


歌詞の日本語訳を載せておきます。

素直に書けた。

だからこそ
私の中でさえも、
この曲や歌詞はずっと意味合いを変えながら生きて行くんだろうなと思います。

[box]

此処には世界
全ては愛

あなただけは
この白い世界に生きるの

魔法の箱
無垢の箱の中

此処には
私の信じる愛だけがあるの

何も失われていない
愛は死なない花

美しい

魔法の箱
無垢の箱の中

c0216272_04195566.jpg



[PR]
by noah101A | 2017-03-05 16:50
唐突ですが、一昨日急にソロでライブやるのが決まりました。
やったことないのでどうなるかわかりませんが。。

今年の初めにFacebookのメッセージで、ロシアのバンドから、日本でライブをやりたいのでブッキング助けてくれませんか?と、連絡きていて、私達はよく海外へのツアーで他のバンド達にお世話になることがありますから、こういう場面では助けるのが当然かと自分は思って、大阪も東京のライブハウスを紹介してブッキングを決めました。
でも、メンバーの体調により来ることができなくなってしまったそうです。

なので代わりに(ならないけど)Live Freakで1人でやることにしました。

Sally氏と2人でやったことあるし、k氏ともある。あとephemeraの時も2人編成でしたね。
でも1人は初めてです。
これから先にもあるか無いかわからないので精一杯やります。
もう、残りの日数が少ないので、不安ではありますが。

という訳で、よかったら見に来て下さいね。

2016/9/3/Sat
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/

「とおいソラからみたケシキ 2016」

出演:
c0216272_187349.jpg




青天の霹靂




c0216272_188314.jpg


naxat



c0216272_1881872.jpg


Noise Re-duction



c0216272_1883050.jpg


tako



c0216272_1884175.jpg




noah (101A)
[PR]
by noah101A | 2016-08-20 17:40

ワンマン告知画像の原画

+CLEAR+さんに製作していただいたワンマン告知映像が公開されています。
https://m.youtube.com/watch?v=twN1Kx44Pm4


今回はワンマンのタイトルを決める時から、何かビジュアルで表現しやすいタイトルがいいな、と言い続けていたのだけれど、そういう意味では微妙なタイトルになってしまった。どんな風に"死んだ星から" を絵や写真にするかとても悩みました。
写真といっても、オリジナルの天体写真なんて撮るの無理がある。
仕方ないので、自信ないけどイラスト描きました。

でも、そもそも死んだ星っていうのはどういうものなんだろ。
大きな恒星が死ぬ時は、それは超新星爆発だったりするわけですが、どうも、そんなド派手なイメージでもないし。。
「死んだ星」って、静けさに満ちていて、どこか甘やかな悲しみを帯びた、そんな感じ。。
実際、星にとってみれば、生とか死とか人間の尺度で考えてもらっちゃ困るぜって話なのだろう。切なさも悲しみもねーよ!って感じかもしれないんだけど。。
でも何となく今回は人間的な存在感がどこか欲しかった。

というわけで、まずクレーターのある星を描いた。
枯れた木は何故かわからないけど描きたかった。クレーターしかない星に木が生えてる筈はないけど、樹木は命がそこにあったということの証明だから。
そして理由はないけど十字架は二つ。二つ目を立てた人はその後どうしたのかわからないけど。
さて、そして、「from the dead stars」、死んだ星から何かがこちらに渡って来ることをどうやって表現したらいいのか。。
そしたらやっぱり鳥さんが必要。
僕の歌詞には鳥って色々出現するけど、
drowの歌詞でもそうだし、少なくとも何かを伝えに来るのは必ず鳥の仕事。

幼い頃「白いおうむの森」という童話が好きだった。
- 生きてる人はみんなこっそり白いおうむを飼っていて、そのおうむたちは、死者の国へ飛んで行って言葉を伝え、また死者の言葉を覚えて戻って来る。。-
そんな物語だった。

というわけで鳥さんが一生懸命飛んでいる。
死んだ星の魂を伝えに飛んでくる。

音楽はどこまで届くのかと考えた時、実際の音は消えてしまっても音の中の何かは途方もなく遠くまで行ってるのかも知れないと思ったりする。
というかそれをどこかで信じているからやってるような気もする。

絵が上手ではないのでとりあえず言葉で説明してみた。
元はハガキくらいの大きさの紙にシャーペンで描いただけなのですがphotoshopで反転させたらそれなりに雰囲気出たかもしれない。。

c0216272_20145080.jpg


[PR]
by noah101A | 2016-08-10 20:14

Asian Cocking??

最近作ったお料理。
101Aのシングルmissing linkのカップリングとして収録されている、「0号室の旅人」のリミックスを担当したオランダ出身のアーティストBas van Huizenから教わったインドネシア料理。semurと呼ばれるインドネシアのシチュー。
彼はお母様がインドネシア出身とのことです。
お肉と玉ねぎがメインのシンプルなレシピですが大変美味しいです。
c0216272_031791.jpg


そして、余っていたすき焼きのタレを使って作ったなんちゃってプルコギ&ライス。しかも挽肉。もはやプルコギとは呼べないのでしょうが。
すりおろしのニンニクと生姜、韓国唐辛子、玉葱と人参と挽肉を胡麻油でざざっと炒めてご飯に乗せて、キムチと水菜を添えただけです。
インチキながらに美味しかった。

c0216272_03185.jpg

[PR]
by noah101A | 2015-04-17 23:47

春雷の後

昼間は突然雷が鳴り響き、激しい雨が降った。
その前に見かけた花。
渋谷のビルのちょっとした土に植わっていた明るい紫色のチューリップ。
とても強いビル風に茎は倒れながらも折れずに散らずに咲いていた。
c0216272_23020971.jpg
あの雨はこの花の上にも降ったのかな…
どうなったろうか。

[PR]
by noah101A | 2015-04-17 23:07

超久しぶりに投稿。
最近は101AのオフィシャルHPでブログ書いているのでこっちは全く更新してなかった。

でも、オフィシャルで書いたら、
「イメージ合わないんでやめて下さい!」
て、怒られそうなことをこちらで書こうと思います。
以前、某カップラーメンの写真を載せたら怒られたもの。笑

写真は自家製キムチです。
最近何度か作っていますが、
いろいろレシピや、自分の家に合った作り方を調べたり考えたりして変えてみて
今回は
相当レベル高い味に仕上がりました。
でも、もちろん激辛。
泣く子も黙る激辛。
031.gif

c0216272_5293865.jpg



そして、
昨年、オーディションに受かって声の方の出演をする映画の収録のお話。
c0216272_529384.jpg

(画像は怖いですがホラー映画ではない。)

今日(もう昨日になる)は、今関あきよし監督の短編映画「彼女は緑の光に彼を想う」での声の収録でした。

スタジオ内の会話や雰囲気は非常にリラックスしているのだけど、
録音が始まって台本の中に入ると、全く景色が変わった様に感じた。
映像も音も無くてただ声だけを録るということは殆どやったことがなかったが、意外にも自然に入って行けた。
相方となる内田周作さんの声と、その間には風景が、香りが、悲しみが、言いようの無い感情の動きが有ったのを感じた。

内容に関わるので言えませんが、すごい緊迫感というか強い感情の部分を録り終わった時にはマジで力が抜けてしまった。

素晴らしく貴重な経験をさせていただきました。

今関あきよし監督、内田周作さん、そして、スタジオに来てくださったAlphaさん、いしかわ彰さん、ヤン・カワモトさん、
そして、レコーディングのオペレーションを担当してくれたthe k氏、
それから、素晴らしい台本を仕上げて下さった野島瑞樹さん、本当にありがとうございました。

明日からは101Aの曲作りの後半戦を始めます。

あ、今日のみんなで写真撮るの忘れたぜ!((((;゚Д゚)))))))


✳︎初上映イベントのお知らせ✳︎
2015/4/28
渋谷 GARRET udagawa
www.cyclone1997.com/garret/garret_home.html

Rose in many Colors /Alpha主演、今関あきよし監督最新映画「彼女は緑の光に彼を想う」の初上映と
Rose in many Colorsワンマンライブ

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3000yen / DOOR 3500yen (+1D)
※映画『彼女は緑の光に彼を想う』上映に伴いお席を設ける予定ではございますが、席には限りがあります。

◼︎チケット予約はRose in many colorsさんのHP、もしくはわたしに連絡ください。
http://www.rose-in-many-colors.com/
[PR]
by noah101A | 2015-03-24 05:16

暑い朝

昨日までこの町はお祭りでとても賑やかでした。

窓の下を、サンバカーニバルの群れが、恐ろしく大きな太鼓の音や老若男女の歓声を響かせながら通り過ぎて行った。
轟音と振動が近づいて満ちてくる様子はじっとしていると少し怖かった。

でも、今は人の声もしなくて、通りは眠い。


10/1ワンマンまで二ヶ月を切りました。

Twitterで、カウントダウンやっております。
チケットの販売も全ての場所、メディアにおいてスタートしました。
是非見にいらして下さい。



さて、ずっと書こうと思っていたアルバムや曲についての話を書き始めます。

曲は曲順通りに書こうかと思ったけど、敢えてばらばらに、気分で書くことにしました。

もちろん曲やアルバムに関する感じ方や思い入れはメンバーそれぞれ違いますが、
ここには私一人の目線で書いていきます。


vol.1[life]

実は非常に古い曲です。
昔々。私が一番初めにバンドのために作ったもの。

今のメンバーと、今の感覚で音を再構築したものが、[0号室の旅人]の3曲目に入りました。
構成もコードも、非常にシンプルですが、この曲好きって言ってくれる人がなかなかに多いので嬉しい。

大人の癖に、ただただこの単純なコード進行を必死で弾ている時、私はとても楽しい。


歌詞は元々は一番しか付いていませんでしたが、今回レコーディングするにあたり二番を作りました。
だから、一番と二番の間には何年もの時間の開きがあります。

一番を書いた頃は、まるで子供の様に、ある朝、目覚めたら何もかもが変わっていて、
本当の世界に、本当の自分として自由に生きているはず、そう、信じていた。

そして、長い長い時間が経って、それは向こうからやってくるものではなくて、
自身が恐れや拘りを捨てて泳ぎ出して行かなければそれは訪れないのだと、今は分かる。

それでも、ずっと前と同じ夢を今も信じている事に何も変わりはない。

珍しく時間軸のある歌詞になった。

二番が出来上がった時、この曲はずっと待ってくれたんだな、という気がした。私が少し大人になって、二番の歌詞を書ける時が来るのを、ずっと完成せずに...。

そして、[0号室の旅人]という全体のコンセプトに、不思議なくらい自然に寄り添う一曲として完成しました。


life - 日本語訳 -


本当の生
私は 暗がりの中で信じる
本当の生
それは私を救い出してくれる

突然に
誰一人知らず
それは本当に来る
とても美しい….

本当の生
私は 暗がりの中で信じる

私にあるもの
何もかも
投げ捨ててしまいたい
あれが私の生の現実になるのならば

私を自由にして
私を自由にして


本当の生
多くの月日がこの庭に流れた
本当の生
それは此処へは来なかった

静寂の中
私は泳ぎだす
遠くへ
時は夜明け前

本当の生
私は 暗がりの中で信じる

私にあるもの
何もかも
投げ捨ててしまいたい
あれが私の生の現実になるのならば

私を自由にして
私を自由にして
[PR]
by noah101A | 2014-08-04 08:38

涼しい夕暮れ

井の頭公園を久しぶりに歩いてみた。
数か月前に引っ越した中国から数日来日しているアーティストBas van Huizenと共に。

かいぼりが行われる前は沢山沢山いた大きな鯉や双魚が弁天様のところ以外は全然いなくなってしまっていた。
彼らはみんな死んでしまったのかな。
池の環境管理の為とはいえ、寂しいし、残酷だな。
移民への差別と同じでは無いのか?

そんな気持ちとは裏腹に、
暗い樹々と綺麗に澄んだ空とそれを映した水面が、本当に美しかった。

c0216272_12485428.jpg



[PR]
by noah101A | 2014-07-30 12:35